専門的なメイク

笑い合う女性たち

アートメイクは一般的なメイクとは違うので、専門家に依頼することが大事です。また、行う前にある程度の予備知識が必要と言えます。例えば、刺青と同じものだと勘違いしている人が世の中に多くなっていることが挙げられます。刺青とは違うものだということを、まずは認識することが大事です。 アートメイクは皮膚の下部分に専用の針を使って染色していきます。そのため、専門のサロンで専門家に行ってもらわないことには危険です。技術力が必要になるからです。 特に、自然な仕上がりにしたいという場合こそ、実績の高い人に依頼することをお勧めします。水で落ちないものなので、用途に応じてどの部分に施すのか、その点もしっかり決めておくことが大事です。

アートメイクは刺青のように一度、入れてしまうと、永遠に落ちないというものではありません。通常、2〜3年で落ちていってしまいます。長い人でも5年です。できるだけ長く維持し続けたいというのであれば、定期的なメンテナンスが必要です。 一方、流行にとらわれたり、飽きてしまったりするという人は、2〜3年の周期に合わせて色や形を変えていくようにするというのもいいかもしれません。そうすれば、その都度、イメージチェンジができます。その際、アートメイクは薄めに仕上げてもらうことがポイントです。その方がチェンジがききやすくなるからです。 専門サロンで行ってもらうことで、このように融通が利きやすくなります。まさに自分好みに仕上げることも可能です。