サロンと自力の違い

オレンジのマニキュアの女性

爪の美しさを演出してくれるものにネイルがあります。ネイルサロンに行ったり、自分でケアしたりして爪にカラーリングしたり、石などをつけたり絵を描いてみたりと色々とオシャレを楽しめます。そんなネイルの競合・類似のものは、つけ爪があります。仕事柄爪を伸ばすことができない、爪が弱くてマニキュアを塗ることが難しいなどという方にとって、様々なデザインのあるものを自分の爪に貼るだけでネイルしたものと同じような爪になります。ネイルサロンでもつけ爪は行っていますし、自分でもつけ爪のキットを購入してオシャレを楽しむことができます。他にも爪や手を美しくするための美容液やハンドマッサージなどを行うことでケアするものもあります。

ネイルの金額や価格について説明します。様々なネイルサロンがあり、内容によって、金額は大きく異なります。また、サロンの立地などにも影響されます。一般的の相場として、指10本を1色のマニキュアで塗ってもらう場合、2000円から5000円ほどかかります。サービスとして、爪のケアやハンドマッサージなど行っているところもあります。爪に1色の色を塗ってもらった後に追加で石をつけてもらったり、絵を描いてもらったりするのは、石の量や絵の内容によって値段が異なるところもありますが、300から2000円ほどかかります。流行りの3Dアートなどでは価格が高くなる傾向があります。また、タウン誌などにサロンのクーポンなどもあり、それを有効的に使うと安くなったりもします。